環境への取り組み

サステナブルな社会のために、できることからひとつずつ取り組んでいます。

ハニー珈琲では、地球環境と資源を大切にするため環境保全活動を推進しています。日々の業務の中で、環境負荷の低減に努め、廃棄物の新たな用途を開発し、循環型の製造システムを構築しサステナブル(持続可能な)社会を目指して企業活動いたします。

 

コーヒー豆の抽出カスは、土壌改良材としてリサイクル。

コーヒー豆の抽出カスをリサイクル

「土から生まれたものは土に帰す」、ハニー珈琲の環境保全活動に対する想いです。製造後のコーヒー豆の廃棄物は、廃棄処理せずに土壌改良材として再利用します。ハニー珈琲のコーヒー豆のカスは、1/8サイズと通常のカスより粒が大きく、活性炭作用で高い消臭効果を発揮するため放牧された牛のふん尿処理に使われています。使用後は堆肥となって再び土へと戻り、植物の生育に役立ちます。


 

抽出カスを使って、新たな商品づくりへ。

研究開発

ハニー珈琲では、コーヒー豆の廃棄物の再利用に向けて、日々研究開発に努めています。ハニー珈琲のコーヒー豆は粒が大きいため、粒内部に微細な孔をもつ多孔性構造になっています。そのため脱臭作用、浄化作用、調湿作用、断熱作用などさまざまな効果が期待される注目の素材でもあります。これら効果をいかした新たな商品の研究開発を行い、製品化に向けてさまざまな案件が進行中です。

研究開発2